2013年02月11日

グリーンシートの向こう側。

いつまで名も名乗らずに書いているのだ?



・・・なんて言われてしまいそうだが、もう少しだけこのスタイルで書きたいと思う。




着工して二ヶ月と少しが経った。





トロアは今、ウサギとリス(?)がとても愛らしい佐藤組さんのグリーンシートの中でひっそりと作業が進められている。


まるで蚕のマユのように、人目につかないところでゆっくりと完成へとカタチ作っているのだ。

















二ヶ月前まで何もなかった場所に足場ができたのは今から二週間ほど前。

そこから一週間もしないうちに、すべての柱が建ち、そして屋根が出来た。


すでに多くの人が関わり、この建物を建てることに尽力してくれている。

冬場の過酷な作業なだけに、黙々とこなしてくれている工事関係者の皆様には頭があがらない。




《建築》という作業。

設計図の通りに、ひとつずつ丁寧に組み立てていくところだけを見ればプラモデルなんかと一緒なのだが、

それに人が住むとなると、内容はまるっきり変わってくる。

室内でコレクションボックスに納められるだけの模型と違い、長年雨風にさらされるわけだから、

すぐに劣化しないよう工夫が必要だし、地震など災害に対しての強度だって必要だ。

暑さ寒さを凌げる室内環境にしなきゃいけないし、風の強さや日当たりだって考慮しなきゃ住みづらくなる。

施工主の要望に答えつつ、建物に必要な基準をしっかりと満たしていかなければいけない。




2012年6月、troa accessoriesの建築を、鶴岡の小野寺コウ設計工房に依頼した。

建築に向けて動き出したのが2012年の2月ごろ。

4社ほどに簡単なプランと見積もりをお願いし、

東京と中国に事務所を構える熱いハートを持った若手建築家と、庄内における実力派建築家の小野寺さんとで迷った末、

最終的に小野寺さんを選んだ。






“経験値”というのは、やはり大きい。雪が積もる地方だとなおさら。

この一年間、大きな選択と小さな選択をたくさん積み重ねて、4月に完成するtroa accessories。

楽しみにしててほしい。

ちょうど良い大きさの、少しだけ個性的な建物ができるはずだ。

  

Posted by troa accessories at 15:07Comments(2)